SHUNSUKEDOI.COM

ARTLESS, LOVELESS, RECKLESS, AND FEARLESS.

Open / Close
// 2017年07月03日  20:30 - Flower

鳴り止ま無い夏の音。
数日間の奇跡、必然。

過ぎ行く人生の中で、思う場所に行き着く事が出来るだろうか。

// 2017年07月02日  19:00 - Creature

いつも挨拶をするとお腹を見せるワンコ。
雑種の良さが凝縮された様な一匹です。

近所に小学校があり、小学生にも可愛がられていました。
甘噛みも無駄吠えもしない、いや鳴き声を聴いた事の無い犬でした。
可愛がっていると飼い主さんが出てきらして、よく「ありがとう」と、お礼をおっしゃって下さりました。
名前、訊いとけば良かったな。
もう歳で家犬になってしまった様で、ある日を境にパタリと見なくなりました。
寂しかった。
絶賛「ニャンコブーム」ですが、犬も良いですね。

どうでも良いですが本日7月2日は、2017年が半年終わる日だそうで…。
後半戦も、とりあえず、一応、ありのままで、頑張りますか!

// 2017年07月01日  20:30 - Camera

あれは確か祖父が亡くなってから2年も経た無い内だったと思う。
祖母が「使うんやったら」と祖父の愛機であった黒い「Canon FTb」をくれた。嬉しかった。
ちょうど桜がほころび始めた頃だったので、とにかくそれを撮影しまくったが、そう上手には撮影出来なかった。

これはキヤノンカメラミュージアムで調べてみると、'73年から製造が始まった「FTb-N」だった。
アーカイブによると、その当時の価格で50mmのレンズ付きで「64,500円」だから祖父も思い切ったもんだ。
ちなみに、その50mmレンズは落としてしまい、金属製のフィルタごと歪んでしまった。お爺ちゃんごめん。
登山が当時の祖父の流行だった様で、綺麗な「New FD 100-200mm F5.6」も残っていた。勿論頂いた。
このレンズ、最小絞りが「32」というからキヤノンの本気度を感じる。

そして去年、僕は何も考えずに「完動品」という事でヤフオクで、銀色の「FTb」を購入した。
これは'71年から製造が始まった方で、祖父のよりも古いモデルだった。
いやはや50mm付属でも「57,000円」と昔からカメラは高価だ。
ラフに扱ったであろう祖父のカメラよりも綺麗だった。嬉しかった。
フイルムに目覚めるかと思いきや、僕はインテリアとして購入した無礼者であった。
とっくに「富士フイルム普及医院会会員」だったので、思い立って「アダプタ」を購入し、New FDレンズを使い出す。
長文失礼しました。いつの日かに続く...。

// 2017年06月30日  20:00 - Flower

紫陽花の青、熊蜂の橙。

バラの赤、花粉の黄。

花の紫。空の青。
それは人に愛でられる様に、かも知れ無い。
それは神の計らい、かも知れ無い。

// 2017年06月29日  22:00 - Uncategorized

6月中には届くと伝えられていた2つのチェア。先月の半ばに注文し、今日届きました。
重量級の僕が座ってもビクともしないので多分、丈夫です。

生産が追いつかないみたいです。だって安いもんなぁ。
しかし土井家には椅子に座るという習慣が無いので、はとこでも来たら座ってもらいます(笑)。

// 2017年06月28日  19:30 - Landscape

大阪の企業に勤めていた頃の一枚。当時の愛機「Canon EOS kiss X」で撮影しました。
この頃はめっちゃ重いラゲッジレーベルのバッグに、またまた重いノートPCを二台詰めて。
「淀屋橋」で降りなきゃならんのに、寝たまま「天満橋」まで戻ってしまったり。
帰宅時停電でなかなか乗車すら出来なかったり、車内で人が突然倒れて長時間停車したり。
土日はグッタリ。一体、何と闘ってたんだろう。

// 2017年06月27日  20:30 - Creature

鴨川の或る橋に、地域猫が三匹暮らしていました。
その中で一番、僕に仲良くしてくれたニャンコ。
猫の名は「シロ」。

ベンチに腰掛けると、いつも膝の上にのってきてくれたシロ。
去年の夏に、お腹に水が溜まる病気で亡くなってしまったそうです。

意外と、甘え上手でした。カリカリが大好きで。
こんなに仲良くなれたニャンコは他にはいませんでした。

ご冥福をお祈り申し上げます。
コッチにもコロニーはあるはず。探さなきゃ。

// 2017年06月26日  21:00 - Flower

この時期、定番の薔薇の写真です。

薔薇のトゲは身を守る為か、美しさの代償なのか。
「マクロ大好きっ子」には定番中の定番な構図で。

梅雨の晴れ間ですが、雨真っ只中の虫たちはどうしているのでしょうか。
そのたくましさに勇気をもらえます。アメニモマケズ。

薔薇のどアップです。
こういう幻想的な写真がもっと撮れたらなぁ。
「マクロエクステンションチューブ 16mm」を購入しようか、これも迷っていますYou!早く買いなよ

ページの先頭へ