SHUNSUKEDOI.COM

ARTLESS, LOVELESS, RECKLESS, AND FEARLESS.

Open / Close
// 2017年06月28日  19:30 - Landscape

大阪の企業に勤めていた頃の一枚。当時の愛機「Canon EOS kiss X」で撮影しました。
この頃はめっちゃ重いラゲッジレーベルのバッグに、またまた重いノートPCを二台詰めて。
「淀屋橋」で降りなきゃならんのに、寝たまま「天満橋」まで戻ってしまったり。
帰宅時停電でなかなか乗車すら出来なかったり、車内で人が突然倒れて長時間停車したり。
土日はグッタリ。一体、何と闘ってたんだろう。

// 2017年06月27日  20:30 - Creature

鴨川の或る橋に、地域猫が三匹暮らしていました。
その中で一番、僕に仲良くしてくれたニャンコ。
猫の名は「シロ」。

ベンチに腰掛けると、いつも膝の上にのってきてくれたシロ。
去年の夏に、お腹に水が溜まる病気で亡くなってしまったそうです。

意外と、甘え上手でした。カリカリが大好きで。
こんなに仲良くなれたニャンコは他にはいませんでした。

ご冥福をお祈り申し上げます。
コッチにもコロニーはあるはず。探さなきゃ。

// 2017年06月26日  21:00 - Flower

この時期、定番の薔薇の写真です。

薔薇のトゲは身を守る為か、美しさの代償なのか。
「マクロ大好きっ子」には定番中の定番な構図で。

梅雨の晴れ間ですが、雨真っ只中の虫たちはどうしているのでしょうか。
そのたくましさに勇気をもらえます。アメニモマケズ。

薔薇のどアップです。
こういう幻想的な写真がもっと撮れたらなぁ。
「マクロエクステンションチューブ 16mm」を購入しようか、これも迷っていますYou!早く買いなよ

// 2017年06月24日  20:45 - Landscape

二枚ともいわゆる「ヴィンテージレンズ」で撮影しました。
これらのレンズを使う度、オートフォーカスの性能に関心してしまいますね、やはり。

レンズは「キヤノン New FD35-105mm F3.5」です。
簡易マクロも備えた当時では画期的なレンズだったのではないでしょうか。
他に「35-70mm」「135mm」「100-200mm」も持っていますが、『K&F Concept』アダプターが一つしか無いので使う機会が少ないのが現状です。
アダプターをつけたままレンズの交換は容易いものではないので、ヴィンテージレンズといえば「35-105mm」になります。
フィルムシミュレーションの都合で、僕としては色合いは富士フイルムさんが圧倒的に好きですが、レンズはやはりキヤノンさんですね。
何故かヴィンテージレンズブームが到来し、アダプターも購入当時より500円ほど値上がりしておりますので、残り3つは墓場に行くまでに買い揃えます(笑)。

// 2017年06月23日  21:05 - Flower

見ず知らずのお宅に立派な紫陽花が!

これは「アナベル」という品種だそうです。
いいんです、名前なんて。綺麗ならそれでいいんです。

一年半使ってきた「iPhone 6」を先取りプログラムで「iPhone SE」に機種変更してきました。
ひさびさの4インチです。可愛いです。大事に使います。
店頭で触れた「7、7 plus」で不快感を味わいました。ボタンが無くなった、イヤホンジャックもない。
「iPad pro(9.7インチ)」の購入で大画面はもう良いかなって思いましてチッコイのにしました。ただ「Appple pencil」の購入は迷っています。
ひとつだけ言っておくと多数シェアウェアを購入しましたが、「現状ではiOSではマトモな写真の編集は出来ません!」

// 2017年06月22日  20:00 - Architecture

写生大会で来た事のある「京都市美術館」。ネーミングライツで「京都市京セラ美術館」になるみたいで。
その使用料「5,000,000,000円」と聴くから驚く。京セラって儲かってまんなぁ。
成人してからも色々と展覧行事に入場していました。そんなに遠くないし、また良い展覧会があればお邪魔させて頂きます。

「京都会館」も変わってました。今更?(笑)
諸行無常、ですね。

誰も居ない「平安神宮」の「応天門」。これは朝の5時。
この神社は「歴史がない」とか馬鹿にされてるけど「有難い」ならそれで良いじゃない?

最後は「公益財団法人藤井斉成会有鄰館」。

// 2017年06月21日  20:00 - Creature

「瞬膜」が出てる。ヤバいかも。

お賽銭入れられない。ヤバいかも。

マジで捕食されそう。ヤバいかも。

// 2017年06月20日  20:00 - Flower

実は私は虫が苦手なのですが「植物」、特に「花」に関しては虫が必須の様な固定観念がありまして(笑)。
しかし富士フイルムのカメラは、フォーカスの際、虫に感づかれてしまう様で滅多に撮影できません。

両方とも「XF60mmF2.4 R Macro」で撮影しています。中望遠にもなる非常に優秀なレンズです。
何年か前に富士フイルムのアナウンスで「120mm macro」ってのがあったはずなんですが...どうなったんすか?

ページの先頭へ